輸入代行のメリットとデメリット!

医薬品個人輸入のメリット

ペット医薬品を個人輸入で入手する際のメリットについてです。
別ページにて記載した通り、まずは海外のペットショップやドラッグストアでは、日本に比べて比較的安価で売られていたりするようです。
日本では、ペット保険に適用できる物が少ないようで、フィラリアやノミ、マダニ等の予防薬のようなものが、飼い主負担の場合が多いため、薬を格安で購入することができるというメリットがあります。
他にも、日本では発売されていない、海外特有の商品を購入するために利用したり、動物病院の待ち時間が長いため、サクッと買うために通販を利用するという方もいるそうです。
医薬品の個人輸入自体は、あくまで『個人的な使用でのみ』可能となっているようですので、利用する際はデメリットも含めながら、するかどうかを考えてみましょう。

医薬品個人輸入のデメリット

ペット医薬品を個人輸入をする際のデメリットについてです。
こちらも別ページにて記載した通り、医薬品によっては副作用や飲み合わせの問題があります。
しっかりとした知識がないと、ペットの命にも関わりますので、まずは獣医に相談をしましょう。
その他に、輸入代行をすると、輸入先の国の方を対象とされているため、説明書は当然外国語です。
そのため、用法や使用容量がしっかりと調べていないと、わからないことが多く、その上、金銭や商品の誤送等のトラブルがあった場合に、外国語での対応をする必要がある場合もあるため、やはり、個人輸入を利用する場合は、しっかりとした下調べ等が最重要ということがよくわかりますね。
しかし、個人輸入はデメリットだけではないので、慎重にしっかりと考えてから、個人輸入を考えましょう。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top